日曜の夜といえば、

ちびまる子ちゃんからのサザエさん。

小さい頃は当たり前のように見ていた。

それがいつの間にか、

なんだか子供っぽく思えてきて。

背が伸びるとともに(まだまだ伸びると願うけど)、もう少しませたバラエティ番組なんかを見るようになって。

何か大変な事件が起こるわけでも、

迫力満点のアクションが見られるわけでもない。

ただただ平凡なストーリーは、

当時の僕には物足りなかったんだと思う。

それがいつのまにか、大人になり。

 

ある日ふとテレビをつけてみると、

懐かしいちびまる子ちゃん。

お母さんが同窓会に行くと言って浮かれてたり、

お父さんが柄にもなく優しかったり。

そんなのを眺めてるだけで涙腺が緩む。

あぁ、みんなよかったね。

1日が穏やかに終えられて。

まだ小さかったあの頃は、

ただ内容が易しかったから見ていた。

会話が理解できるから、それだけでよかった。

けど今は、その何気ない日常が送られる家庭の価値を知ってしまっている。

平凡なようで、誰もが手に入れられるものではない。

自分もそんな温かいものを築いていけるだろうか。

親やこれから生まれてくるであろう子供が、

無事であるように。

そんなことを考えていると、静寂がやってくる。

優しさや切なさが同居して、やるせなさに変わる。

そうして、守りたい人たちの顔が浮かんでくる。

まる子の父が「おい、今日俺のビールはなしかよ。。トホホ」と小声で嘆く。

肩身の狭い父親らしい哀愁あふれるセリフの、

その中にある幸せが心に響く。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly