Return to site

感情の連鎖 - 古池や

学生時代に働いていた居酒屋で、

ときどきクレームを付けてくるお客さんがいた。

こちらに非がある場合もあるし、そうでない場合もある。

いずれにせよ、その人はたいてい苛立った様子で店を後にする。

その姿を見送りながら、「あぁ悔しいな」と思っていた。

自分が提供する場で、1つの不機嫌を生み出してしまった。

たとえ怒らせた原因は自分ではなかったとしても、

その状況に居合わせている以上、自分に責任はある。

お客さんが帰ってそれですべて解決、となればいい。

しかし厄介なことは、感情がその場で完結しないということだ。

きっと彼はこのあと家に向かう。

もしかしたら駅に向かう途中で誰かと肩がぶつかるかもしれない。

普段なら「すんません」と言うのに、この日は舌打ちをしてしまう。

新たな苛立ちがまた1つ芽生える。

電車に乗ってもなんだかスッキリしないまま、

ようやく家に着く。

いつもより少しだけ奥さんに冷たくしてしまう。

暗く揺れ始める水面を見て、子供が不安げな顔をする。

これはただの妄想だけど、

あながち非現実的でもないと思う。

むしろ、この程度では済まない場合だってあるはず。

苛立ちを自分の内でサッと消せたならいいんだけど、

それも簡単ではないことが多々ある。

負の感情の連鎖が広がった先に、一体どんな事態を招くか。

まさにバタフライ・エフェクト。些細な行動が大きな影響を世に与える。

みんなでペイ・フォワードをやりましょうと言いたいわけではない。

だけどせめて、平穏であることをやっぱり願ってしまう。

負の感情のコントロール。

これは生きていくうえでとても重宝する技術だと思う。

怒りが連鎖するのなら、

喜びももちろん同じだ。

「幸せ」が波紋のように広がるとき、

中心にはいつも自分がいる。

どうせ波を立てるなら、温かなものがいい。

生まれたての子供が、ゆりかごの中で安らげるような。

そうでなければ静寂がいい。

静けさの中にこそ宿るものがある気がするから。

時に荒波が立ってしまっても仕方がない。

再びの静寂を待てばいい。

だけど一番大切なのは、

肝心なのは、

水面ばかりに捉われてはいけないということ。

草花や蛙や月の光、

その池は恵みの中にあるということ。

すべての波はいずれ消えるのだから。

小さく浅いこの池で、

僕は何を育めるだろう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly